冷え取り靴下リンマー

冷え性対策 最新情報

May 12, 2015今すぐ実行出来る冷え取り
今すぐ実行出来る冷え取り
December 18, 2014簡単なエクササイズで冷え取り
簡単なエクササイズで冷え取り
October 9, 2014冷え取りで冷えを解消
冷え取りで冷えを解消
July 26, 2014冷え取りエクササイズにチャレンジ
冷え取りエクササイズにチャレンジ
March 6, 2014女性のための冷え取り
女性のための冷え取り

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

今すぐ実行出来る冷え取り

a0002_011998

冷え性とは

一般的に冷え性とは、普通の人が寒いとは感じない場所で寒さを感じる人のことを言います。
「手や足が冷たい」「体が冷たい」と言った症状が出ている場合、冷え性の可能性があるでしょう。

そして、冷え性は、冷え以外の症状に悩まされることがあるものです。
これは、冷え性になると、免疫力が低下したり、自律神経が弱ってしまうからです。

免疫力が低下すると「アレルギー」や「アトピー」に悩まされるようになったり、風邪を引きやすくなったりします。
また、自律神経が弱ってしまうと、お腹の調子が悪くなったり、食欲がなくなったりすることがあります。

冷え性になってしまう原因は?

冷え性の原因として考えられるものは、「血行不良」「運動不足」「ストレス」などです。
血液には熱を運ぶ役割があるのですが、血行不良になると血液の流れが悪くなるため、
熱が体の隅々まで行き届かなくなり、体が冷えてしまいます。

運動不足が冷え性の原因になるのは、筋肉が熱を作り出すものだからです。
運動が不足して、筋肉量が減ってしまうと、作り出す熱の量も減ってしまうため、熱が不足してしまいます。

そして、ストレスは、体温をコントロールしてくれる自律神経を乱してしまうものです。
体温をコントロールする働きのある自律神経が乱れてしまうと、体温コントロールが上手くいかなくなり、冷え性になってしまうことがあります。

朝食で冷え取り

不調の原因になる冷え性を改善するために、今すぐ出来る食事での冷え取りをしましょう。
朝食を抜いていたという方は、しっかりと朝食をとるようにしてください。

食事は、エネルギーを補給するものです。
食事を抜いてしまうと、エネルギーが不足してしまうため、体が温まりません。

冷え取りのためには、しっかりと朝食をとることが大切です。
また、朝食は、熱源になってくれる「たんぱく質」「脂質」「糖質」をバランス良くとるようにしてください。

温かい食事で冷え取り

食事は、なるべく温かいものを食べましょう。
焼く、炒める、煮る、茹でるなど、加熱調理したものをとるように心がけることで、
冷え取りをすることが出来ます。

体を温める食材である生姜やねぎなどの香味野菜や、
唐辛子やコショウなどの香辛料を上手く利用することも、冷え取りに繋がります。

冷たい食べ物は、体を冷やします。
アイスクリームや冷やした食べ物ばかり食べていると、
冷え性が悪化することもありますから、食べ過ぎには注意しましょう。

Tags

このページの先頭へ